• 冨樫 耕平

その努力は、きっと無駄じゃない

最近、色んな哲学の本を読むなかで、仏教の考え方に関する本を読みました。


仏教の考え方のひとつに、「三時業」という考え方があるそうです。

これは、簡単に言ってしまえば、「努力は無駄にならない、

結果が得られるまで時間が掛かるかもしれないが、

蒔いた種は、かならず生える」ということだと、私は理解しています。

勿論、悪い行い(業)についても、良い行いと同じように、

早かれ遅かれ、その報いを受けるというのが、「三時業」です

(参考リンク:https://bukkyouwakaru.com/dic/s28.html) 。


このような考え方は、私達の子ども達との関わりとも

関連深いのではないでしょうか。


例えば、子ども達に対して行ったことが、

すぐに目に見える成果として現れることもあれば、

成果がみられるまでに、時間が掛かることもあります。


試してみた特定の対応が、成果に繋がらないこともあります。

でも、成果に繋がらなかったことも、

それが、「この子には、こういうやり方じゃなくて、

こんなやり方の方が良いのかもしれない」等という

別の「種」となり、それが実を結ぶこともあります。


または、「成果」が、はじめ期待していたものとは

別の形で現れることもあります。


「三時業」の考えが、正しいかは分かりません。

でも、確実に言えることは、

私達が、子ども達のことを全力で考え、

子ども達の利益に繋がると信じて、

今、行っていること・努力を止めてしまったら、

その種は生えてきません。


「三時業」の考え方が、

私が様々な活動を続ける励みのひとつになっているので、

共有させていただきました。

閲覧数:64回3件のコメント

最新記事

すべて表示